ホリデイ・トレッキング・クラブ


■はじめに

 「逢瀬」という地名を活かし、明るい話題で地域を盛り上げ、ここに来るときっと素敵な出逢いが待っている、そんな期待感が広がる地域づくりを進め、全国に元気な福島を発信していこうと活動している郡山逢瀬出逢いプロジェクト実行委員会では、福島県地域づくりサポート事業からの助成を受け、今年2月、「出逢いのまち逢瀬観光マップ」を発行しました。より多くの皆さまに逢瀬町の様々な魅力を発信していきます。




■マップの特長

 観光マップは、A3サイズ両面カラーの二つ折りです。表面にはマップ、裏面には各種の観光情報を掲載しました。 表面のマップには、郡山市街地方面の上空から逢瀬町を見下ろしたイメージスケッチを大きく掲載し、主な名所、公園、店舗、農家民宿などの位置を示すとともに、彼方に安積アルプス(安積山や大将旗山などの郡山市西部の奥羽山脈の山並を私たちは「安積アルプス」と呼ぶことにしました)の山肌に見える春を告げる3つの雪形を記載しました。他に、出逢いのパワースポット情報等も掲載しています。 裏面には、名所・寺社、温泉・公共の宿・店舗・販売所・農家民宿、公園緑地といった逢瀬町を代表する35の各種情報を写真とともに掲載し、それぞれ番号を付けマップでその位置が判るようにしています。また、逢瀬町へのアクセス、山の魅力、自慢の食、逢瀬町の地名の由来などの情報も掲載しました。




■完成までの経緯

 実行委員会では、きっと素敵な出逢いが待っている!をキャッチフレーズに、これまで様々な活動に取り組んできました。 平成25年度には、逢瀬町の隠れた出逢いのパワースポットの発掘に務め、その云われや魅力、写真をホームページで公開しています。また、出逢いのスィーツ開発として、逢瀬町内にある洋菓子店とパン店に協力してもらい、地元食材である大葉を使った「大葉のジェラート」と「大葉のドーナツ」を開発しました。さらに、逢瀬公園をスタート・ゴールに、ノルディックウォーキング大会を開催し、歩いて地域の文化や自然の魅力にふれてもらうイベント等も開催しました。 平成26年度には、郷土食であるキャベツ餅を気軽に食べられる「キャベツ餅スティック」の開発、独身男女の素敵な出逢いを応援する「出逢いは逢瀬(ここ)から」の開催、さらにはノルディックウォーキング大会を前年度に続いて開催するなど、地域の魅力の掘り起こしに努めました。 さらに、魅力ある様々な情報をまとめることで、逢瀬町をたくさんの方々に知っていただこうと作成したのが、「出逢いのまち逢瀬観光マップ」です。

image4.png








 ◇発  行:郡山逢瀬出逢いプロジェクト実行委員会 実行委員長 相模 知儀

 ◇監  修:郡山市観光協会逢瀬支部

 ◇編  集:根本友和・鈴木一昭

      (公財)福島県都市公園・緑化協会

 ◇デザイン:国際アート&デザイン専門学校 高橋 猛・白土なつみ・横田桃子

 ◇写真協力:郡山市逢瀬行政センター・石井忠勝 郡山ふるさと田舎体験協議会

 ◇印  刷:有限会社 テーアンドエー